国の公的な年金制度の一つである障害年金

⒈障害年金とは

最もすぐに頭にひらめく年金は老齢年金であり、地道にかけてきた人たちが65歳を迎えると受給できるタイプです。一般的に老齢のほかにも遺族年金も知られる種類であり、被保険者がもしも亡くなった際には、配偶者やその子供といった遺族に対して支払われます。

国の公的に認められている、年齢が20歳以上であれば受け取りが可能なのが、けがや病気などにより仕事や生活への制限が出た際、受給をすることができるのが障害年金です。この制度はあまり一般的には広くは知られていないため、本来は活用をできる人も損をしている可能性もあります。

ですが仮に知っていたとしても、あらゆる書類を揃えなければならなかったり、制度自体があまりわかりやすいとは言えないことから、手間のかかることをしたくない気持ちが勝ってしまうかもしれません。受け取ることができる対象者であっても、理解をしにくい制度という面や、揃える書類の手間などの壁により、途中で断念をすることも珍しくはありません。

しかし実際に受給をしている人は国内に大勢いますし、20歳以上65歳未満で対象者となる人の数も多いため、本人がその対象となるのかを確認することから開始です。申請が出来る資格があるかどうかを確かめることが肝心であり、大きくは3つの提示されている条件を満たしていなければなりません。

2.受給要件は結構厳しい

すぐにこうした仕組みに飛びつきたくはなりますが、どのような理由により障害が起きたのか、怪我をしたり病気になった際の、初診日を思い返してみて、その時点で条件に当てはまるかどうかを確認する必要があります。年金制度に加入をしてきちんと保険を納付してるなど、要件を満たしていなければなりません。

ですが本人の年齢が20歳未満の場合は、そのあいだに病院での初診日だった場合は省きます。20歳未満での初診日なら、成人の20歳になった時点での等級を確認すること、また障害状態が障害認定日であることも受給資格の一つです。

(参考)障害年金の請求はいつ専門家に依頼すればいいんですか?

ここでいうところの初診日とは、何かがきっかけでけがを負ったり、疾患などにより初めて病院で医師からの診療を受けた日程のことを差しています。障害の状態を定める日のことを差しているのが障害認定日のことであり、初めて病院へ行った日から数えて、1年と半年が経過した日、あとはそれ以内に完治をした時にはその日のことです。

具体的にどのような疾患が対象となるかも、多くの人は誤解をしがちな部分であり、先天性の障害であるとか、発達障害や知的障害をイメージする人の方が多くなります。ネーミングからして、そうした印象を持つのは仕方のないことです。

⒊等級について

現代のストレス社会に増加しているうつ病であったり、精神疾患のアルツハイマーなども対象になりますし、誰もが恐れるガンであったり、いったん始まるとエンドレスで続いてしまう人工透析もそれにあたります。あらゆる傷や病を幅広く対象としていますので、パーキンソン病なども含まれるほどです。

現代社会は評価とストレスでメンタルの強さが求められますが、ダントツのトップで多いのは精神的なものであり、次に知的なことが続いて、その次に来るのは脳血管疾になります。

等級で見ていくと1級にあたるのはもはや、本人による日常生活が困難であり、誰かの介助なしでは普段の生活もままなりません。しかし等級も2級になると、誰かの手助けが絶対にないと生活ができないとは言えないものの、働いてお金を稼ぐこと自体は厳しい状態です。

さらに等級が3級になると、働くことに対しての制限はあるものの、生活ができないわけではありません。怪我が完治をして疾患を回復をしたとしても、まだ働くこと自体にv制限を受けるのは、障害手当金の段階です。

この制度には2つの種類が用意をされており、基礎年金と厚生年金があります。国内在中者で年齢が20歳以上で60歳未満であり、学生やフリーランスに農業者といった第1号被保険者、ほかには第2号被保険者となる公務員や会社員、第3号被保険者などが対象となるのは障害基礎年金です。

⒋等級の該当が1級から3級にあたる人は障害厚生年金の対象

等級としての該当は、1級から2級になりますが、年金制度加入をしていない期間の、国内在中の20歳から60歳未満の人の中でも、1級から2級の等級に回答をしていても対象となります。厚生年金保険への加入を初めて病院で診察を受けた日にしている人で、等級の該当が1級から3級にあたる人は、障害厚生年金の対象です。

ハードルの高さを漂わせて入るものの、実際には一体いくらもらえるのかも気になります。受給が認められればラッキーですが、それにより高い税金や面倒な申告があるようでは、その時点でやはり躊躇をしますが心配無用です。

毎年春にやってくる確定申告をする必要はなく、それは非課税所得だからであり、安心をして申請を出すことができます。仕事ができなければ収入が途絶えてしまい、生活を送ることができなくなってしまいますが、障害年金を利用することでその心配はありません。