モデルスクールとは?その特徴と魅力について

モデル業界は挫折の連続

モデルとして第一線で活躍したいと考えてはいても、オーディションに全く引っかからない、あるいはモデルの活動をはじめたものの躓いてしまって途方に暮れる経験をお持ちの方は少なくありません。

と言うよりはこのような挫折経験がむしろ普通なのがモデル業界です。
このような時にだれもが検討するのはモデルスクールに通う選択肢です。

そもそもこの業界で仕事を得るにはオーディションを通過しなければ話になりません。
最初の内はハードルの低そうなオーディションから手当たり次第に受けるのも、方法論としてありえますが、せっかくなら大規模なオーディションに合格し専属契約で世間からも脚光を浴びる存在に憧れるものです。

しかしそのような狭き門を通過するには、絶対数が少ないという事実に加えて、圧倒的なスキルとモデルとしての知識が豊富なことが当然の前提とされているのです。

自己流の鍛錬や研鑽を重ねてもスキルアップは容易なことではありません。
あなたのライバルになるであろう人々はもしくするとスクールに通っているかもしれません。
そこで本稿では、モデルスクールの特徴やメリット・デメリットなどについて御紹介していきます。

そもそもモデルのお仕事とは?

モデルはクライアントのイメージをアップさせたり、売上を挙げるための広告塔として利用してもらうことが仕事です。
何らかの商品やキャンペーンを彩る写真の被写体になることなどが多くなります。

その撮影では単に写真に納まれば尽きるわけではなく、様々なスキルが求められます。
例えばファッションショーでは舞台の花道を短時間で行き来する間に、その場の状況に応じたポージング多ワーキングが必要になってきます。

その場にちぐはぐな振る舞いではクライアントの意向を充たすことは困難です。
これらはモデルの仕事の基本中の基本になるので是非身につけておきたいスキルの一つです。

ライバル達より、より高みを目指したいのであれば、これらの技術だけでは不十分で表現力も必要になってくるのです。
しかしこれらは自分で学ぶことは難しく袋小路に入り込むことが珍しくありません。表現力もまた然りです。

自分の将来のモデルを自己分析する姿勢が大事

自己流のトレーニングにはこのような欠点を抱えているわけですが、モデルスクールでは基本的なスキルに始まり、表現力に至るまで体系的に学ぶことができる訳です。

ただモデルの世界でも細分化が進んでおり、目指すモデルのありように応じT適切なスクールの内容も変わってきます。
ハンドモデルを目指しているのにウォーキングのレッスンに傾注すると言うのはちぐはぐな感じです。
スクール選びにあたっては自分の将来のモデルを自己分析する姿勢が大事です。

それではスクールで学べることは、どのような内容があるのでしょうか。
カリキュラムには一部をピックアップしただけでも、モデル業の基礎知識やウォーキングやポージングの基礎・ボディーメイキング・ファッションセンス・模擬オーディションなど実に多彩な分野にわたります。

平たく言えばモデルとして一線で活躍するために必要な基礎的知識を身につけることが出来ると言えます。
このように多岐にわたるのでスクール選びにあたっては、カリキュラム内容を細部まで吟味し、自分に必要な知識やスキルが身につけることが叶うのかを確認することが肝要です。

モデルスクールに通うことのメリットとは?

ではモデルスクールに通うことのメリットは、どのような点にあるのでしょうか。
ただし注意すべきなのはどのスクールに進むにせよ、積極的姿勢で授業に臨まなければスキルアップを見込めるのは難しいのは確かです。

受身の意識では学べるものも期待出来ないでしょう。
そこで意欲的に授業に取り組むことで、モデルの基礎知識を学べることが出来ます。

スクールでプロの講師に教えを乞うことは、モデルの世界のナマの現実を知ることに繋がります。
弱肉強食がモデルの世界を貫く世界観です。

そのような現実を知る講師の教授を受けることで、厳しいモデルの世界で生きることへの意識変革を含め必要な事項を基礎から学べる絶好の機会を提供してくれるのは大きなメリットです。

もちろん講師による専門的なレッスンを受けることになるので、スキルが飛躍的にアップするわけです。

リスクになるのは費用の問題

反面モデルスクールにはデメリットがあるのも事実と言えます。
まずリスクになるのは費用の問題です。

受けるレッスン内容によっても変動しますが、いずれにせよ安い値段ではありません。
しかもモデルの世界は入れ替わりが激しく、数ヶ月先にモデルの仕事を続けているかどうかは分かりません。

そのためスクールに支払った分を改修できるとは限らないわけです。
すでにモデルとして活躍しある程度の収入が見込めれば別ですが、長期間活躍する方はわずかに止まります。

費用の概算の傾向を出してみれば、入学金に2-4万円、レッスン料が月当たり3-6万円となるのです。
モデルになろうとレッスン料を一括で払ったは良いが、途中で別の進路に進もうと考えても返ってくることはありません。
このようなリスクがあることも念頭に置くべきでしょう。

 

出典サイト

1.モデルスクール東京