音楽大学への進学を目指しています

母は小さい頃からピアノを習っていたので、音楽大学に通ってピアノの先生になることを夢見ていました。

しかし当時は女性は職業を持つよりも早く結婚して家庭に入ることを好む傾向があったので、両親の意向で高校を卒業してから短大に進学し、その後、すぐにお見合いをして結婚することになりました。

それでも母はピアノを弾くことが大好きだったので、結婚してからも実家からピアノを運んでもらい、趣味としてピアノ演奏を楽しんでいました。

その後、母は子どもを産んで私が生まれましたが、物心つく前からピアノの前に座らされてレッスンを受けるようになりました。

本格的にピアノレッスンを外で受けることはありませんでしたが、母が毎日2時間は必ずピアノを教えてくれるので、かなり上手になりました。

音符も読めるようになり、耳からきいた音楽をピアノですぐに再現できるという特技も持てるようになりました。

しかし小学生になって学校に通うようになると、ピアノの練習をするよりも友達と遊びたいという気持ちの方が強くなり、家でピアノを練習をするのが嫌でしょうがありませんでした。

そのうちに手抜きをしたりさぼったりするようになると母との喧嘩が絶えなくなってしまい、中学生になると反抗期と重なったこともあってピアノから遠のくようになりました。

その当時、人気のあったビジュアルバンドにはまったこともあり、音楽よりもギターやベースを弾けるようになりたいと夢中になって、高校生になってからアルバイトをして自分でベースを購入しました。

友達とバンドを組みたいと考えたいたときに、ベースは二人いるけどピアノパートを担当する人がいないという話になりました。

自分も本当はベース担当になりたかったのですが、もう一人のベースを担当している友人のほうがとても上手だったので、ピアノパートに変わることにしました。

久しぶりにピアノを弾くことになりましたが、楽譜を前にすると自然に音が奏でられるようになり、自分の中にピアノはすでに入り込んでいる存在だと気づきました。

それに楽譜どおりに弾くだけでなく、バンドの雰囲気に合わせてアレンジすることの楽しみを覚えました。

おかげでピアノが魅力のバンドだと話題になり、もっと真剣にピアノの向き合いたいという気持ちを持つようになりました。

母以外からはピアノを習ったことがなかったので、もっと本格的な勉強をしたいと考えるようになり、今は音楽大学への進学を目指しています。武蔵野音楽大学“江古田新キャンパス”建設地を見に行く。