クーアンドリクの経営者の悩みとは

ペットショップの経営といえば、犬や猫のペットブームになって久しい日本では、好調な売り上げが期待できるとされて、新たに開業する方も多くなっているので、順風満帆というイメージを持つかもしれません。

しかし、そのようなペットブームの裏側では、ペットショップならではの悩みがあるのではないでしょうか。

それは、人気のある犬や猫の種類に関しては、売れ行きも好評ですが、それ以外の種類については、売り上げがそれほど好調ではなく伸び悩んでいる現状もあるからです。

また、ペットショップならではの悩みとして、ブリーダーから購入した子犬の成長があります。

売れなかった場合には、子犬や子猫は数カ月で大きく成長してしまうものですので、なかなか買い手が見つからないということも少なくありません。

そのために、値引きを行うなどする苦肉の策を講じるものですが、それではこれまでの期間、ペットショップで展示しながら成長のためにかけた経費や手間の元が取れなくなるでしょう。

成長し過ぎてしまったペットの場合には、やむを得ず原価に近い価格で販売することもあるでしょう。

このように、ペットショップは一見華やかでペットブームの人気を受けて経営は順調な印象を持ちますが、そうではない部分も確かにあります。

そのため、ペットショップの経営者はできるだけ子犬や子猫の余剰が出ないような工夫をした販売戦略を導入する必要があるのではないでしょうか。

確かに、大きくなり過ぎたペットの場合には、消費者からみて購入の対象から外れてしまう傾向が強いのですが、全くニーズがないわけではないので、それなりの 売り時を見極めてセール対象にするなどの販売の工夫が必要になるでしょう。

ペットショップの経営者には、それだけ販売戦略に関するノウハウが必要不可欠だと言えるでしょう。

また、子犬や子猫も定番の人気があるものや時代の流れとともにニーズも変わってくるのでそれに合致するものを選ぶ必要が迫られているでしょう。

引用:クーアンドリク