便秘解消には食事の仕方を考える

便秘は女性に多い症状です。これは男性に比べて筋肉量が少ない、食物繊維が不足している、ストレス、女性ホルモンの影響など様々なことが原因となっています。便秘解消するには原因をみつけ改善していくことが大切ですが、一番簡単にできるのは食物繊維の量を増やすことです。コチラも→便秘解消 お茶
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。
水溶性食物繊維にはジュースに含まれていることが多い難消化デキストリンや、海藻類、オクラといったネバネバ系のもの、キャベツ、こんにゃく、果実などがあります。水溶性食物繊維は一般的に粘度が高く、胃腸内でゆっくりと消化されていくので、食べた後の血糖値の上昇をゆるやかにしたり、コレステロールにくっつき体外に排出したりすることができます。また、腸内で発酵しビフィズス菌を増やすこともできるため、腸内の環境を整えることもできます。
一方不溶性食物繊維はごぼうや豆類、穀物類の他、えびやカニの表皮にもあります。水分を含むと膨らむ性質があり、食べることによって胃や腸で膨らみ食べすぎを防ぐことができます。便のかさを増やし、腸を刺激するためぜんどう運動も起こりやすくなり、便秘解消をすることができます。不溶性食物繊維も水溶性食物繊維と同じようにビフィズス菌を増やすことができます。
このように、食物繊維はどちらかのみをとっても、便秘解消にはなりません。バランスよく摂取することによってスムーズに便を出すことができます。バランスよく摂取するには食事の仕方を考えることが大切です。
食物繊維は主に野菜類やキノコ類、海藻類に多く含まれています。食物繊維を多くとるには具だくさんの味噌汁が最適です。もし時間がない場合はインスタントの味噌汁を利用してもかまいませんが、そこにワカメや乾燥した寒天などを加えるとより、食物繊維をとることができます。
野沢菜漬けなどの漬物類にも食物繊維が豊富で、便をスムーズに排出することができます。ですが、漬物類は塩分を多くとる結果につながるので、食べすぎないように気を付けます。